2010年07月21日

働きながら介護資格取得 参加者を募集 緊急雇用対策の一環

働きながら介護資格取得 鹿児島県が参加者を募集
(南日本新聞より)
鹿児島県は、失業者や未就職者らが介護施設に勤めながら資格を取得する「介護雇用プログラム」の参加者を8月から募集する。

 国の緊急雇用対策の一環。本年度から2011年度までの2年間で、介護資格のない人が対象。ハローワークを通じてグループホームなどに就職、働きながら専門学校などに通い、ヘルパー2級か介護福祉士の資格取得を目指す。今回の募集はヘルパー2級だけで、190人の予定。

 雇用はヘルパーが1年、介護福祉士は2年の有期契約。雇用期間終了後、事業所には正規職員として雇用する努力義務がある。賃金と、資格取得の講座や学費は県の基金から支出し、予算は約8億円。4月の1回目の募集では県内66法人に約210人が就職した。

 今春高校を卒業、同プログラムを利用し4月に鹿児島市内のグループホームに就職した向江光さん(18)は「ヘルパー2級の取得を目指している。体験しながら勉強できるので分かりやすい」と話す。県介護福祉課=099(286)2676。

同じカテゴリー(無資格 未経験 ハローワーク)の記事
 人間関係の極意 コミュニケーションの真髄 (2011-05-23 01:16)

この記事へのトラックバック

 いま、社会起業家に対する関心が、日本でも広がりつつあります。
 社会起業家とは、政治や行政では満足に解決できない社会的課題を事業の...
■ニッポン社会起業家スタディ・ツアー、予約開始!【■Social Good News 君は弱者と同じ世界に生きている】at 2010年07月22日 07:51
この記事へのコメント

銀行 おまとめローン 相談
Posted by おまとめローン 審査 at 2010年11月08日 18:41
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。