Posted by at

2011年05月25日

障害者の社会参加、介護サービスの担い手へ!

訪問介護員資格取得へ、知的障害者18人が研修中(わかやま新報より)

18歳から35歳までの軽度知的障害者18人が、 紀の川市尾崎の社会福祉法人 「麦の郷」 紀の川・岩出生活支援センターで、 ホームへルパー2級の資格取得に挑戦している。

県が5年前から進めている 「知的障害者及び発達障害者ホームヘルパー養成研修事業」 の一環で、 障害者にサービスの受け手ではなく、 サービスを提供する担い手として社会参加してもらうのが目的。

これまでに100人以上が受講しているという。

研修は健常者と同じ内容で、 講義と実習に分かれており、 全研修時間は132時間。 2日には現役の介護福祉士を講師に招き、 「利用者の方に気持ちよく利用してもらうためには」 などをテーマに話し合った。

受講生たちは 「信用されるように努力する」 「了解を得てから作業する」 「話を十分に聞いて意思疎通を図る」 など活発に意見を出し合い、 専門学校に通う同市貴志川町岸宮の脇田涼平さん (18) は、 「体の不自由な人を介護したくて、申し込みました。 覚えることが多く大変だけど頑張ります」 と話していた。

修了式はことし10月下旬の予定。 同事業の修了生の2~3割が一般事業所でヘルパーとして活躍している。  

2011年05月23日

人間関係の極意 コミュニケーションの真髄


介護士さん必見!もう福祉レクで悩まない!!

(産経ニュースより)
福岡の元高校教頭、平岡さん「あいさつ運動」46年

長年の教員生活を終え、68歳の今も毎朝、地域の小・中学校の校門に立ち、子供たちにあいさつを続ける男性がいる。西日本短大付属高校の元教頭、平岡三光さん=福岡県広川町。荒れていた学校を立て直そうと始めた運動は46年目を迎えた。「あいさつで伝えられる心は万国共通」。昨年から始めた海外での活動は、今年さらに広がっていくという。
 「さあ、元気な声で。おはようございます」
 広川町立下広川小の校門前では平岡さんが「あいさつボランティア大使」のたすきをかけ、児童らの何倍もの声を響かせた。
 あいさつ運動を推奨する「全日本あいさつボランティア協会」(同県みやま市)が「大使」の称号を贈ったのは昨年2月。「あいさつのすばらしさを世界にも広めるのが私の使命」と、平岡さんは長年続けてきた運動を海外でも始めた。
 昨年6月には西短の姉妹校となっている韓国の学園、今年3月には中国の学校で、通学中の生徒らにあいさつ運動を実践した。夏から冬にかけては、ベトナムとオーストラリアの学校への訪問を計画している。
 運動を始めたのは大学卒業後、西短付高に赴任して間もなくのころだった。当時、“問題児”たちは授業を聞かず、学校を休んでは校外でトラブルを繰り返していた。
 「教師とまともに向き合う生徒がいない。生活の基本となるあいさつで、心を変えることはできないか」。平岡さんは生徒たちを見ながら、そう考えた。
 現在の北九州市で育った平岡さんは、小学3年生のころから6年間、新聞配達をして家計を助けた。「あいさつする人間に不幸はない。相手にきちんと聞こえる声であいさつしろ」。両親にそうしつけられた平岡さんは毎朝3時半に起床し、「おはようございます。朝刊です」と大声であいさつしながら、郵便受けに新聞を配っていった。
 だれも聞いていないと思っていたが、「いい声だね。がんばって」「あなたの元気な声のおかげで早く起きられるようになった」と励まされ、「あいさつも相手に通じれば、喜んでもらうことができる」と実感したという。
 そうした感動を味わってもらいたいと始めた教え子たちへのあいさつ運動。「おはようございます」「ご苦労さま」「ありがとう」「さようなら」。最初は見向きもしなかった生徒たちが、自然とあいさつを交わすようになった。
 「こちらが心を開けば、相手にも必ず通じるんです」。平岡さんは力を込める。
 教員時代、退職後も続けた毎朝のあいさつ。そんな地道な活動が協会の目にとまり、「大使」としての役割を託された。
 「体が続く限り、あいさつの心を伝えていきたい」。平岡さんの挑戦に終わりはない。  

2011年05月22日

希少資格でもない限り、“あった方がマシ”程度

なぜ資格があれば正社員?雇ってもらえる?

そもそも資格は、余程の希少資格でもない限り、“あった方がマシ”程度。

国内に合格者が数十万人もいるようなら、

一度冷静に考えて、目指す業界関係者に、資格の価値や将来性を聞いてから判断すべき。

時間と費用かけたのに、仕事がない、就職できない、評価されない、とかは単なる自己責任。  

2011年05月01日

就職内定と不採用の差はどこに?

新卒、学生の就職内定

ある著名経営者いわく、複数名で受ける面接について
『途中で、最初に答えてくれたAさんの考えについて、Bさんはどう思いますか?と聞きます。』“人の話を聞いてるか、自分さえ良ければと思う人か、気がきくか、周囲が見えてる人か、試されてます。

ニート・フリータでも合格できる!就職の面接に受かる7つのコツ(メール相談付き)




55歳目前の男が一部上場企業に就職した面接突破法



就職適性検査対策マニュアル

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

就職・転職が決まらないのは
職安・ハローワークのせいじゃない。

ハローワークで、“いい仕事ないかなぁ”だけの人は受け身。子供でもできる。

積極性・意欲があれば、できる事はたくさんある。

30代限定!「黄金の転職戦略」

「幸せをつかむ」転職術

転職を考えているあなたへ 転職する前に読む 転職の悩み解決マニュアル



トップMBA式 就職内定術



あなたの海外就職を実現させたいときに読む本☆ゴールドコース(メール&電話サポート付き)