Posted by at

2011年05月23日

人間関係の極意 コミュニケーションの真髄


介護士さん必見!もう福祉レクで悩まない!!

(産経ニュースより)
福岡の元高校教頭、平岡さん「あいさつ運動」46年

長年の教員生活を終え、68歳の今も毎朝、地域の小・中学校の校門に立ち、子供たちにあいさつを続ける男性がいる。西日本短大付属高校の元教頭、平岡三光さん=福岡県広川町。荒れていた学校を立て直そうと始めた運動は46年目を迎えた。「あいさつで伝えられる心は万国共通」。昨年から始めた海外での活動は、今年さらに広がっていくという。
 「さあ、元気な声で。おはようございます」
 広川町立下広川小の校門前では平岡さんが「あいさつボランティア大使」のたすきをかけ、児童らの何倍もの声を響かせた。
 あいさつ運動を推奨する「全日本あいさつボランティア協会」(同県みやま市)が「大使」の称号を贈ったのは昨年2月。「あいさつのすばらしさを世界にも広めるのが私の使命」と、平岡さんは長年続けてきた運動を海外でも始めた。
 昨年6月には西短の姉妹校となっている韓国の学園、今年3月には中国の学校で、通学中の生徒らにあいさつ運動を実践した。夏から冬にかけては、ベトナムとオーストラリアの学校への訪問を計画している。
 運動を始めたのは大学卒業後、西短付高に赴任して間もなくのころだった。当時、“問題児”たちは授業を聞かず、学校を休んでは校外でトラブルを繰り返していた。
 「教師とまともに向き合う生徒がいない。生活の基本となるあいさつで、心を変えることはできないか」。平岡さんは生徒たちを見ながら、そう考えた。
 現在の北九州市で育った平岡さんは、小学3年生のころから6年間、新聞配達をして家計を助けた。「あいさつする人間に不幸はない。相手にきちんと聞こえる声であいさつしろ」。両親にそうしつけられた平岡さんは毎朝3時半に起床し、「おはようございます。朝刊です」と大声であいさつしながら、郵便受けに新聞を配っていった。
 だれも聞いていないと思っていたが、「いい声だね。がんばって」「あなたの元気な声のおかげで早く起きられるようになった」と励まされ、「あいさつも相手に通じれば、喜んでもらうことができる」と実感したという。
 そうした感動を味わってもらいたいと始めた教え子たちへのあいさつ運動。「おはようございます」「ご苦労さま」「ありがとう」「さようなら」。最初は見向きもしなかった生徒たちが、自然とあいさつを交わすようになった。
 「こちらが心を開けば、相手にも必ず通じるんです」。平岡さんは力を込める。
 教員時代、退職後も続けた毎朝のあいさつ。そんな地道な活動が協会の目にとまり、「大使」としての役割を託された。
 「体が続く限り、あいさつの心を伝えていきたい」。平岡さんの挑戦に終わりはない。  

2010年07月21日

働きながら介護資格取得 参加者を募集 緊急雇用対策の一環

働きながら介護資格取得 鹿児島県が参加者を募集
(南日本新聞より)
鹿児島県は、失業者や未就職者らが介護施設に勤めながら資格を取得する「介護雇用プログラム」の参加者を8月から募集する。

 国の緊急雇用対策の一環。本年度から2011年度までの2年間で、介護資格のない人が対象。ハローワークを通じてグループホームなどに就職、働きながら専門学校などに通い、ヘルパー2級か介護福祉士の資格取得を目指す。今回の募集はヘルパー2級だけで、190人の予定。

 雇用はヘルパーが1年、介護福祉士は2年の有期契約。雇用期間終了後、事業所には正規職員として雇用する努力義務がある。賃金と、資格取得の講座や学費は県の基金から支出し、予算は約8億円。4月の1回目の募集では県内66法人に約210人が就職した。

 今春高校を卒業、同プログラムを利用し4月に鹿児島市内のグループホームに就職した向江光さん(18)は「ヘルパー2級の取得を目指している。体験しながら勉強できるので分かりやすい」と話す。県介護福祉課=099(286)2676。